季刊「古代文化」 ―最新巻

□ 第70巻第3号  2018年12月末 刊行


古代学協会:第8回角田文衞古代学奨励賞受賞者発表

<論 攷>
上村正裕:奈良時代の内臣と藤原永手

<特 輯>
角谷常子:特輯「木簡研究の最前線と新展開」に寄せて
森  和:戦国簡牘研究の新展開
土口史記:秦簡牘研究の新展開
青木俊介:西北漢簡研究の沿革と新段階
安部聡一郎:魏晋簡牘研究の現在 ―走馬楼呉簡を中心に―
市 大樹:木簡の視角機能という考え方
橋本 繁:韓国・咸安城山山城木簡研究の最前線
志内一興:ウィンドランダ木板文書 ─その概要紹介と訳出─

<研究ノート>
板垣優河:縄文時代におけるクルミ食復元の基礎的作業 ―民俗事例の採録と実験使用痕分析をもとに―
金 玄耿:日本古代の「種」観念とその変遷

<註釈>
並木和子:『小右記』註釈(15)長和4年5月6日条

<連  載>
平田 健:考古学人国記(18)
冨加見泰彦:私の古代学(13)
山本忠尚:正倉院宝物を十倍楽しむ(20)

<図版解説>
鈴木一議:新たに確認された飛鳥時代の大規模古墳 ―奈良県高市郡明日香村 小山田遺跡における発掘調査―

<書  評>
重見 泰:相原嘉之著『古代飛鳥の都市構造』

<新刊紹介>
魚津知克:石村智著『よみがえる古代の港』
廣瀬憲雄:古畑徹著『渤海国とは何か』
西野悠紀子:小浜正子・下倉渉・佐々木愛・高嶋航・江上幸子編『中国ジェンダー史研究入門』
仁藤智子:東海林亜矢子『平安時代の后と王権』
高橋克壽:冨谷至著『漢倭奴国王から日本国天皇へ』
森岡秀人:清家章著『埋葬からみた古墳時代 女性・親族・王権』
大野 薫:辻尾榮市著『舟船考古学』

 

□ 第70巻第2号  2018年9月末 刊行


<論 攷>
松本 大輔:品封の支給額改定からみた平安初期の親王叙品について
海上 貴彦:大殿の政務参加 ―藤原道長・師実を事例として―
梶山  勝:漢代南越国とテン国の提筒 ―異文化要素の共存―
黄  ヘン:中国の埋仏について ―石仏の埋納を中心に―

<研究ノート>
重見  泰:『日本書紀』における「殯」の使用法について

<註釈>
田口 愛実:『小右記』註釈(14)長和4年5月3~5日条

<連  載>
藤井 保夫:私の古代学(12)紀の川流域の上野廃寺式・本薬師寺式軒瓦
山本 忠尚:正倉院宝物を十倍楽しむ(19)

<図版解説>
的崎  薫:入田稲荷前遺跡出土の貨泉
中東 洋行:吉野町宮滝遺跡

<追  悼>
桑原 久男:金関恕先生を偲ぶ
森岡 秀人:今里幾次先生を偲ぶ

<書  評>
有富 純也:坂江渉著『日本古代国家の農民規範と地域社会』
小川 弘和:野口実著『列島を翔ける平安武士』
南雲 泰輔:坂口明・豊田浩志編『オスティア・アンティカ研究の最前線』
濱田 延充:寺前直人著『文明に抗した弥生の人びと』
遠部  慎:小林謙一著『縄紋時代の実年代―土器型式編年と炭素14年代―』

<新刊紹介>
浅野  咲:義江明子著『日本古代女帝論』
西谷  正:黄暁芬編著『交趾郡治・ルイロウ遺跡2 2014-15年度発掘調査からみた紅河デルタの古代都市像』
並木 和子:中村康夫著『皇位継承の記録と文学 『栄花物語』の謎を考える』
西山 史朗:近藤好和著『朝廷儀礼の文化史 節会を中心として』
山岡 邦章:松尾秀昭著『石鍋が語る中世 ホゲット石鍋製作遺跡』
清水 昭博:梶原義実著『古代地方寺院の造営と景観』
渡部 育子:今泉隆雄著『古代国家の地方支配と東北』
森岡 秀人:松本圭太著『ユーラシア草原地帯の青銅器時代』

 

□ 第70巻第1号  2018年6月末 刊行


<論 攷>
下石敬太郎:土佐国の治承・寿永内乱
早野 浩二:埴輪の生産・供給と生産者の動静 ―須恵器系埴輪を中心として―
眞保 昌弘:那須国造碑の建立 ―古墳分布にみる地域内競合の視点から―
岩井 浩人:古代末期環濠集落の成立過程 ―津軽地域の遺跡動態・集落構造変遷分析から―
増永 理考:ローマ帝政前期小アジアにおける公共建築物と都市 ―エフェソスの碑文史料とディオン・クリュソストモスの弁論を材料に―

<史料紹介>
玉井  功:椅子形埴輪の新例とその意義 ―国府遺跡出土埴輪の再検討―

<研究ノート>
坂本  翼:スーダン考古学史 ―近代化と文化遺産の狭間で―

<註釈>
西山 史朗:『小右記』註釈(13)長和4年5月1~2日条

<連  載>
北郷 泰通:考古学人国記(17)西都原古墳群の保存と日高正晴
積山  洋:私の古代学(11)古代難波の考古学研究史を振り返って(3)
山本 忠尚:正倉院宝物を十倍楽しむ(18)

<図版解説>
近藤 美穂:坊の塚古墳第3次発掘調査の成果

<書  評>
藤田 和尊:小笠原好彦著『古代豪族葛城氏と大古墳』

<新刊紹介>
上村 正裕:十川陽一著『天皇側近たちの奈良時代』
大野  薫:文化財保存全国協議会編『文化財保存70年の歴史 明日への文化遺産』
木村 光一:山本孝文著『古代朝鮮の国家体制と考古学』

 

 

 


このページのトップへ△