講師紹介と講座内容

講座のお申し込み書ダウンロードはこちらから PDF Word>>


講師名:小山 雅人(こやま まさと)
講座名:エジプト象形文字の伊呂波
    −ヒエログリフ入門−
    ※継続講座ですが受講できます。

◆講師自己紹介
・1950年京都府綾部市生まれ、舞鶴市・京都市・綾部市・宇治市に住む。
・高校生の頃から、言語ではなく文字マニア(昔はオタクという語はなかった)で、フランス語・ロシア語・アラビア語の文字の勉強と源氏物語が趣味。
・1970年にフランス語の習得のため、パリに留学。翌年帰国後、通訳の仕事。
・1972年にエジプト・ヒエログリフの勉強を始め、74年再渡仏。
・1976年にパリ・カトリック学院古代東洋語学校ヒエログリフ・エジプト語学科卒業、帰国。
・その後現在に至るまで、研究テーマは古代エジプト文学(特にシヌーヘ物語)。
・1981年、?京都府埋蔵文化財調査研究センターで、発掘調査等に従事。2015年退職。
・退職後、考古学は忘却の彼方だが、日本の古代史や歴史小説は好物。

◆講座の内容紹介・受講される皆様へ
 今年度後半は、「やさしいテキストの講読」です。
 文字の読み方・書き方の基本と単語の並べ方をある程度学んだ後は、色んなテキストに挑戦して行きましょう。語彙を増やし、古代エジプトのいろんな書式と決まり文句を学ぶことになります。永遠に続くはずの正しい世の姿、古代エジプト人はこれを石で造った神殿の壁に刻んだのです。神殿には民を代表する王と神との交渉や約束が、永久に変わらぬ事実・契約として不朽の石に刻まれています。文は当然、相応しい語彙、つまり「吉祥句」「めでたい言葉」で飾り立て、その目的ごとに決まった書式があります。
 基本を学んだあとは、「語彙力」が肝心です。しかし、何語でもそうですが、キリがありません。ですから、まず「めでたい言葉」を憶えることです。めでたい言葉は、神殿にも、墓の中にも、石碑にも、何度も何度も、繰り返し出て来ます。耳に胼胝(たこ)ができる頃には、みなさんは易しい部分ならヒエログリフをスラスラと読めるようになっているはずです。



◆毎月1回 第4土曜日 13:00〜14:30
 ※12月は休講月です。  

第1回 10月27日(土)
内容:ハシェプソーウェ(ハトシェプスト)女王のオベリスク

第2回 11月24日(土)
内容:ネフェルティティ王妃の称号と名前

第3回 1月26日(土)
内容:ネフェルタリ王妃の墓(1)

第4回 2月23日(土)
内容:ネフェルタリ王妃の墓(2)

第5回 3月23日(土)
内容:トゥタンカムーン(ツタンカーメン)王、偽りの副葬品

<<前ページへ戻る このページのトップへ△