講師紹介と講座内容

講座のお申し込み書ダウンロードはこちらから PDF Word>>


講師名:森岡 秀人(もりおか ひでと)
講座名:日本考古学上の大論争と争点の学説を紐解く5
    ※継続講座ですが新規受講もできます。

◆講師自己紹介
 現地・現物主義で遺跡・遺物の観察眼から、日本考古学を50年近く専攻。中学校・高等学校と歴史クラブ活動に専念、関西大学文学部史学科考古学研究室時代には、末永雅雄・横田健一・網干善教・薗田香融の諸先生に師事。学生時代には、高松塚古墳、島の庄遺跡、尼塚古墳群、外山谷1号墳、吉志部古墳、千里古窯跡群、乳の岡古墳、加茂遺跡、中曽司遺跡、会下山遺跡などを発掘しました。
 芦屋市教育委員会・芦屋市立美術博物館〔兼務〕で文化財保護、遺跡調査、展示学芸、社会教育の仕事に43年間従事。2017年、65歳完全退職。現在、古代学研究会代表、日本文化財科学会評議員、天空の城・但馬竹田城石垣修復検討委員会委員、(公財)古代学協会客員研究員,古墳出現期土器研究会会長、奈良県立橿原考古学研究所共同研究員、関西大学大学院非常勤講師など。
 研究や関心を示すテーマは広く、陵墓、縄文・弥生時代の移行期研究、弥生土器・弥生集落・水田跡の研究、青銅器の研究、古墳出現期の研究、古式土師器の研究、群集墳や地方寺院の研究、考古学と日本古代史との関わり、中世・近世の石切場・石垣の全国的研究も行っています。
 共著書や論文は多数あり、『日本史講座』1(東京大学出版会)、『稲作伝来』(岩波書店)、『列島の考古学』弥生時代(河出書房新社)、『講座日本考古学』弥生時代(青木書店)、『古式土師器の年代学』(大阪府文化財センター)等。趣味は囲碁、雲の観察、里山歩き、美術鑑賞、読書ほか。

◆講座の内容紹介・受講される皆様へ
 発達を遂げてきた日本考古学にも、パーフェクトな解決に至っていない学説の不一致や論争がなお続いている問題が数多く横たわっています。学問研究の進展には激しい争点を持つことも大変意味あることで、継続してこの後期講座ではさらに興味深いテーマを立てて、講述します。およそ半世紀の学史を同時進行形で見聞きし、体験してきた講師がていねいに取り上げます。発掘調査資料の何が原因したのか。対立する学説の長所や短所はどのように比較すべきか。学説史に刻み込まれた考古学者の争点で最も重要な見解は何か。日本考古学が初めての方にもわかりやすく説明し、講師本人がどのように軍配をあげようとしているかに関しても、興味深く論じます。考古学の奥底の深い面白さとともに、強く対立の生ずる学問の厳しい側面も平易に知ることができるでしょう。
 なお、過去の講座では、銅鏡、鉄器、土師器や八角形墳、金印論争、平原争論、古代集落、ヤマト王権と土器移動、出雲青銅器、突帯文土器集団などを取り上げて講義しました。今期講座も主題は続きとなりますが、取り上げる内容、テーマが各回ですべて異なるため、初めての方でも論争のみられる新しいテーマを楽しんでご受講いただけます。



◆毎月1回  水曜日、13:00〜14:30
 第3水曜日はA日程、第4水曜日はB日程で、同じ内容の講座です。 

 ※12月は休講月です。

第1回 A日程10月17日、B日程10月24日
内容:モモの種、炭素年代をめぐる邪馬台国論争
   ―纒向遺跡大型建物周辺祭祀の謎―

第2回 A日程11月21日、B日程11月28日
内容:青銅器科学の産地・年代論争
   ―鉛同位体比がどこまで鍵をにぎるか?

第3回 A日程1月16日、B日程1月23日
内容:考古学方法論の優位・劣位論争
   ―層位の科学VS型式の科学―

第4回 A日程2月20日、B日程2月27日
内容:縄文土器出現年代論争
   ―本当に世界最古なのか―

第5回 A日程3月20日、B日程3月27日
内容:弥生列島東のクニ・西のクニ
   ―鉄の動きをめぐる論点の整序―

<<前ページへ戻る このページのトップへ△