講師紹介と講座内容

講座のお申し込み書ダウンロードはこちらから PDF Word>>


講師名:森田 克行(もりた かつゆき)
講座名:青龍三年鏡と安満宮山古墳 ―邪馬台国論に迫る―

◆講師自己紹介
 高校時代に考古学系のクラブに所属し、陶邑(すえむら)古窯址群、安満遺跡、萩庄遺跡の、龍谷大学在学中には、W・ガウランドゆかりの塚原古墳群、紅茸山遺跡、古曽部・芝谷遺跡、福岡県乙金(おとがね)古墳群の発掘にかかわり、高槻市在職中には上欄の遺跡のほか、天神山遺跡、郡家車塚古墳、闘鶏山古墳、昼神車塚古墳、梶原寺跡などの調査を遂行しました。記録保存が中心の行政発掘にあって、保存すべき普遍的な価値のある遺跡や遺構については、常に全国的な視点で評価し、保存につなげました。担当した遺跡の史跡指定と公園化は行政内研究者の勲章と自負しています。また遺跡実態を踏まえた地域史を日本の歴史全体の流れに位置付ける「新地域考古学」論を展開し、独自の考古哲学を実践しています。職歴は高槻市教育委員会・埋蔵文化財調査センター所長、文化財課長、地域教育監、今城塚古代歴史館館長を任じ、現在は同館特別館長。この間に文化財普及啓発の拠点施設として高槻城跡に「しろあと歴史館」、今城塚古墳の傍らに「今城塚古代歴史館」を立ち上げました。
 研究テーマは弥生集落、弥生土器、銅鐸の発祥、邪馬台国と紀年銘鏡、埴輪祭祀、大王墓、古代の船と水運、乾漆棺、氷室、官衙と山陽道、鵜飼、城郭の土木技術、城石垣、近世瓦など。主な編著・共著は『弥生土器の様式と編年』、『邪馬台国と安満宮山古墳』、『史跡闘鶏山古墳』、『今城塚と三島古墳群』、『よみがえる大王墓 今城塚古墳』、『継体大王と筑紫君磐井』、『大王の棺を運ぶ実験航海』、『新池』、『埴輪群像の考古学』、『阿武山古墳と牽牛子塚』、『藤原鎌足と阿武山古墳』、『摂津高槻城』、『江戸の開府と土木技術』、『高槻城から日本の城を読み解く』、『律令時代の摂津嶋上郡』、『阿武山古墳と牽牛子塚古墳』、『たかつきの発掘史をたどる』、『天下泰平と高槻城』など。

◆講座の内容紹介・受講される皆様へ
 前回の「考古大発掘の回顧と展望」から派生するさまざまな事柄から、今回は日本最古の紀年銘鏡である青龍三年鏡が出土した安満宮山古墳の調査成果を軸に、邪馬台国論に迫ります。
 まずは不時発見された安満宮山古墳について、割竹形木棺を納めた墓室、出土した青龍三年鏡をはじめとする5面の銅鏡や鉄製品の出土状況を詳しく解説し、シリーズ講座の基点とします。その後、各鏡の形式的な来歴と年代的な位置づけを講じ、ひいては特異な組み合わせの実態をとらえます。つぎに『魏志倭人伝』所載の「銅鏡百枚」の内容を推理し、その内訳が「試作鏡」と「原初三角縁神獣鏡」の組み合わせであったとの持論を開陳し、あわせて厖大な三角縁神獣鏡の存在意義を考えます。さらには淀川北岸にある安満宮山古墳の地理的な位置に端を発し、京丹後市大田南5号墳の青龍三年鏡、福知山市広峯15号墳の景初四年鏡等、タニワ(原丹波)の遺跡や資料をとりあげ、大和邪馬台国との関係性について論じます。最後に、卑弥呼の俊敏な外交・内政の手腕について、魏の政治動向と倭国の使者の時宜を得た行動、ならびに列島内での銅鏡のリアルタイム配布説で検証します。



◆毎月1回 第1金曜日 13:00〜14:30
 ※1月は休講月です。

第1回 10月5日(金)
内容:安満宮山古墳の調査成果 ―驚愕の不時発見―

第2回 11月2日(金)
内容:青龍三年鏡とその伴侶 ―安満宮山古墳出土鏡をめぐって―

第3回 12月7日(金)  ※講座日注意
内容:『魏志倭人伝』の「銅鏡百枚」 ―試作鏡と原初三角縁神獣鏡―

第4回 2月1日(金)
内容:大和邪馬台国とタニワ(原丹波)の世界 ―景初四年鏡の真相― 

第5回 3月1日(金)
内容:卑弥呼の外交と内政の手腕 ―銅鏡のリアルタイム配布説―

<<前ページへ戻る このページのトップへ△