講師紹介と講座内容

講座のお申し込み書ダウンロードはこちらから PDF Word>>


講師名:山田邦和(やまだ くにかず)
講座名:院政期の京都6
    ※継続講座のため欠員が出れば受講できます。

◆講師自己紹介
 同志社女子大学教授。博士(文化史学)。考古学・都市史学専攻。同志社大学大学院博士課程前期修了。平安博物館助手、古代学研究所助手、京都文化博物館学芸員、花園大学教授を経て現職。(公財)古代学協会参与もつとめます。
 考古学・文献史学・歴史地理学などの諸分野を統合した平安京・京都の都市史の復元を目指しています。
 主な著書に『須恵器生産の研究』(学生社)、『京都都市史の研究』(吉川弘文館)、『京都 知られざる歴史探検(上・下)』(新泉社)、『カラーブックス 京都』(保育社)、『歴史のなかの天皇陵』(共編著、思文閣出版)、『平安京提要』(共著、角川書店)などがあります。
 京都生まれ京都育ちの「京都人」の視点から京都研究をやっておりますので、友人からは「京都中華思想」と冷やかされることがたびたびです。

◆講座の内容紹介・受講される皆様へ
 院政は平安時代後期だけではなくその後もずっと存続し、南北朝時代までは実質の権力を保持してきました。この時代を、京都とのかかわりの中で考えます。
 2016年度より6回にわたって開講してきた「院政期の京都」講座も、いよいよ今期が最後のシーズンになります。



◆毎月1回 第3金曜日 10:30〜12:00
 ※12月は休講月です。

第1回 10月26日(金) ※講座日注意
内容:後嵯峨院政と院政王権都市嵯峨

第2回 11月16日(金)
内容:皇統の分裂と衣笠の新都市

第3回 1月18日(金)
内容:後醍醐天皇と鎌倉幕府の滅亡

第4回 3月1日(金) ※講座日注意
内容:建武の新政とその崩壊

第5回 3月15日(金) 
内容:南北朝の動乱と室町幕府の成立

<<前ページへ戻る このページのトップへ△