講師紹介と講座内容

講座のお申し込み書ダウンロードはこちらから PDF Word>>


講師名:梶川 敏夫(かじかわ としお)
講座名:考古学成果から古代の京都を学ぶ
    −山林寺院・貴族邸宅・離宮跡−

◆講師自己紹介
 大学卒業後は、発足したばかりの京都市文化財保護課に席を置き、全国でも最多を誇る京都市の文化財保護行政に技師として長く奉職してきました。専門は歴史考古学で、主に市内に数多く残る遺跡(埋蔵文化財)の調査・保存を専門に担当してきました。2010年に文化財保護課(課長)を定年退職し、(公財)京都市埋蔵文化財研究所(次長)・京都市考古資料館(館長)を経て、現在は京都女子大学・京都造形芸術大学の非常勤講師しています。在職中は数多くの遺跡調査を指導して保存を推進し、また新たな遺跡の発見などを進めてきました。それらの調査成果から、分かりやすい考古学を目指して遺跡復原イラストを多数制作し、教科書副読本や歴史図書、博物館や資料館の展示などに広く活用してもらい、また市内の数多くの遺跡説明板を建立してきました。研究テーマは平安京跡や院政期の遺跡、寺院跡などの歴史時代で、最近は趣味の一つである登山を活かして、山林寺院跡や山城跡など山岳域にある遺跡の調査も進めています。
 主な著書は、単著 『ケシ山窯跡群発掘調査概要』・『祥雲寺跡の発掘調査報告』ほか。共著『安祥寺の研究』・『皇太后の山寺』・「平安宮京大内裏の遺構」『王朝文学と建築・庭園』・「検証・平安京とその周辺」『源氏物語を読む』・「考古学から見た平安京」『源氏物語と平安京』ほか多数。
 ビジュアルな考古学を目指して、市内遺跡の復原イラストを多数作成。歴史・考古図書や高校教科書副読本のほか、博物館や資料館などの展示や図録、テレビ・市販ビデオなどにも幅広く活用されている。また、京都市内の遺跡顕彰碑や駒札などの作成も数多く手掛けている。
 日本考古学協会会員・京都伝統文化の森推進協議会文化的価値発信専門委員

◆講座の内容紹介・受講される皆様へ
 我が国の歴史の舞台となった京都市内には、平安京跡や長岡京跡など、先史時代を含む多くの歴史時代の遺跡が点在しています。40年以上にわたりそれら京都市内にある遺跡の発掘調査を指導し、遺跡の保存を数多く経験したことを活かして、発掘調査成果から見えてくる京都の歴史の中に秘められた史実を、分かりやすく皆さんにお伝えしたいと思います。
 最近の歴史学は、考古学の成果無しには語れない時代となっています。講義は、歴史の宝庫である京都で学べる喜びを感じてもらいながら、遺跡復原イラストなどを駆使し、一般の方でも出来るだけ理解しやすいようにパワーポイントや図書を紹介しながら講義を進めます。
 昭和60年代から近年までに、明らかになった発掘調査成果から見えてくる歴史の真実の姿を、これまで一般市民の方々に遺跡の大切さや保存・保護の重要性を伝える仕事をしてきた経験から、京都の土の中から見えてくるその面白さを、楽しく学び感じていただければ幸いです。
 5月にはフィールドワークを予定しています。現地で、学んだことをご自分の目でみて体感していただきます。



◆毎月1回 第2水曜日 13:00〜14:30
 ※8月は休講月です。

第1回 4月11日(水)
内容: 平安時代の山林寺院跡の実態

第2回 5月9日(水)
内容: 東山如意ヶ嶽山中の如意寺跡現地探訪 ※フィールドワーク

第3回 6月13日(水)
内容: 平安京の貴族邸宅跡1「齋宮邸ほかの調査」

第4回 7月11日(水)
内容: 平安京の貴族邸宅跡2「右大臣藤原良相百花亭跡ほかの調査成果」

第5回 9月12日(水)
内容: 院政期の調査成果「六勝寺と鳥羽離宮」

<<前ページへ戻る このページのトップへ△