講師紹介と講座内容

講座のお申し込み書ダウンロードはこちらから PDF Word>>


講師名:森田 克行(もりた かつゆき)
講座名:考古大発掘の回顧と展望 −摂津と淀川の考古学−

◆講師自己紹介
 高校時代に考古学系のクラブに所属し、陶邑(すえむら)古窯址群、安満遺跡、萩庄遺跡の、龍谷大学在学中には、W・ガウランドゆかりの塚原古墳群、紅茸山遺跡、古曽部・芝谷遺跡、福岡県乙金(おとがね)古墳群の発掘にかかわり、高槻市在職中には上欄の遺跡のほか、天神山遺跡、郡家車塚古墳、闘鶏山古墳、昼神車塚古墳、梶原寺跡などの調査を遂行しました。記録保存が中心の行政発掘にあって、保存すべき普遍的な価値のある遺跡や遺構については、常に全国的な視点で評価し、保存につなげました。担当した遺跡の史跡指定と公園化は行政内研究者の勲章と自負しています。また遺跡実態を踏まえた地域史を日本の歴史全体の流れに位置付ける「新地域考古学」論を展開し、独自の考古哲学を実践しています。職歴は高槻市教育委員会・埋蔵文化財調査センター所長、文化財課長、地域教育監、今城塚古代歴史館館長を任じ、現在は同館特別館長。この間に文化財普及啓発の拠点施設として高槻城跡に「しろあと歴史館」、今城塚古墳の傍らに「今城塚古代歴史館」を立ち上げました。
 研究テーマは広く、弥生集落、弥生土器、銅鐸の発祥、邪馬台国と紀年銘鏡、埴輪祭祀、大王墓、古代の船と水運、乾漆棺、氷室、官衙と山陽道、鵜飼、城郭の土木技術、城石垣、近世瓦など。
 主な編著・共著は『弥生土器の様式と編年』『邪馬台国と安満宮山古墳』『史跡闘鶏山古墳』『今城塚と三島古墳群』『よみがえる大王墓 今城塚古墳』『継体大王と筑紫君磐井』『大王の棺を運ぶ実験航海』『新池』『埴輪群像の考古学』『阿武山古墳と牽牛子塚』『藤原鎌足と阿武山古墳』『摂津高槻城』『江戸の開府と土木技術』『高槻城から日本の城を読み解く』ほか。

◆講座の内容紹介・受講される皆様へ
 昭和40年代の高度経済成長期から、日本の考古学は新たな展開をみせはじめました。列島規模の未曾有な開発の嵐のなかでの緊急発掘の急増と重要遺跡の保存整備です。文化庁や各自治体では多くの考古学研究者を配置して厖大な遺跡調査に対応しました。講師もその戦士の一人で、高槻市を舞台に幾多の発掘を手がけました。高槻は畿内・摂津の一画を占め、とりわけ水運の大動脈であった淀川の北岸に位置することから、弥生環濠大集落の安満遺跡をはじめ、邪馬台国時代の安満宮山古墳、継体大王墓の今城塚古墳、ヤマト王権直営の新池埴輪生産遺跡、中臣鎌足墓の阿武山古墳、キリシタン大名高山右近の高槻城など、考古学界に冠たる多様な歴史遺産が生起しました。
 今回は「考古大発掘の回顧と展望」ということで、調査を担当した大遺跡の発掘成果を中心にわかりやすく解説します。あわせて大発掘した遺跡を市民の宝とするために、講師の持論である「積極的保存策」を踏まえた史跡公園の在り様を紹介し、埋蔵文化財の保護と公開の実際についても講じます。講座はその都度、詳しい資料を配布しますので、予備知識がなくても楽しく受講できます。



◆毎月1回 第1金曜日 13:00〜14:30
 ※8月は休講月です。

第1回 4月6日(金)
内容:近畿弥生農耕集落と遠賀川式土器の伝播
   ―安満遺跡の調査と史跡整備―

第2回 5月4日(金・祝)
内容:環濠をもつ大型高地性集落
   ―古曽部・芝谷遺跡の発掘成果と謎―

第3回 6月1日(金)
内容:継体大王が眠る大型前方後円墳
   ―今城塚古墳の調査と史跡の活用―

第4回 7月6日(金)
内容:大古墳を支えた埴輪生産
   ―新池遺跡の発見と発掘に挑む―

第5回 9月7日(金)
内容:天下泰平に向けた城づくり
   ―解明進む高槻城と土木技術―

<<前ページへ戻る このページのトップへ△