講師紹介と講座内容

講座のお申し込み書ダウンロードはこちらから PDF Word>>


講師名:野口 孝子(のぐち たかこ)
講座名:「小右記」講読(入門)
     ―平安貴族の日常に触れてみよう―

◆講師自己紹介
 早稲田大学卒。鹿児島大学大学院修了。同志社女子大学嘱託講師。
 平安時代の邸宅の伝領などを研究テーマにしていましたが、最近平安貴族社会の行動時間に関心を持つようになりました。とくに平安中期から夜化が固定し、『小右記』が書かれた10〜11世紀は、年中行事やライフサイクルにおける儀礼の多くが夜に行われています。すでに「『夜』化の時代」(『古代文化』59巻1号)を発表しましたが、より深い内容を知るためには、貴族の日記を丁寧に読むこと以外にはないと日々実感しているところです。
 旅に出ることが大好きです。特に平安時代に関わりのあるところを廻っていますが、講読会の参加者の方々と「平安の県庁所在地(国府)を歩こう」と題して、年に数回、修学旅行のようなこともして大いに楽しんでいます。

◆講座の内容紹介・受講される皆様へ
 本年は、藤原道長が摂関政治の頂点にたって「此世乎は我世とそ思望月乃欠たる事も無し思へハ」(『小右記』寛仁2年10月16日条)と詠んで回りの貴族を仰天させてから、ちょうど1000年目に当たります。言ってみれば「『この世をば』千年紀」です。しかし、このエピソードは『小右記』にしか書かれていませんので、本年はますます『小右記』が注目をあびることでしょう。
 『小右記』は、道長より9歳年上の知識人貴族、のち右大臣に昇る藤原実資によって、和製漢文で書かれた50年余に渡る日記で、平安時代を知るために欠かすことのできない一等史料です。
 本講座では、天皇の代替わりを来年に控えて関心も高いことから、花山天皇の即位(永観2年10月)について読んでみようと思います。一語、一文にこだわり、語彙の内容から当時の宮廷社会やその背景を探ると同時に、漢文の読み方などにも注意し、ゆっくり読み進めて行きます。
 平安時代に関心のある方ならどなたでも参加できます。
 史料は当方で準備しますが、漢和辞典、古語辞典、歴史事典などがあれば便利です。



◆毎月1回 第4水曜日 10:30〜12:00
 ※8月は休講月です。

第1回 4月25日(水)
内容:花山天皇は17歳で、永観2年(984)10月10日に即位します。
   講座では10月1日条から読み始めます。

第2回 5月23日(水)
内容:承前

第3回 6月27日(水)
内容:承前

第4回 7月25日(水)
内容:承前

第5回 9月26日(水)
内容:承前

<<前ページへ戻る このページのトップへ△