講師紹介と講座内容

講座のお申し込みはこちらから


講師名:野口 孝子(のぐち たかこ)
講座名:「小右記」講読(初級)
     ―平安貴族の日常に触れてみよう―
    ※継続講座ですが新規受講できます。

◆講師自己紹介
 早稲田大学卒。鹿児島大学大学院修了。元同志社女子大学嘱託講師。
 平安時代の邸宅の伝領などを研究テーマにしていましたが、最近平安貴族社会の行動時間に関心を持つようになりました。とくに平安中期から夜化が固定し、『小右記』が書かれた10〜11世紀は、年中行事やライフサイクルにおける儀礼の多くが夜に行われています。すでに「『夜』化の時代」(『古代文化』 59巻1号)を発表しましたが、より深い内容を知るためには、貴族の日記を丁寧に読むこと以外にはないと日々実感しているところです。
 旅に出ることが大好きですが、コロナ渦中ですので自粛しながら、ときどきリモートで『小右記』自主講座を行っています。

◆講座の内容紹介・受講される皆様へ
 『小右記』は、道長より9歳年上の知識人貴族、のち右大臣に昇る藤原実資によって、和製漢文で書かれた50年余にわたる日記で、平安時代の政治・社会・文化・貴族の日常などを知るために欠かす事のできない一級の史料といえます。
 今期は、近年人気を博している安倍晴明の実像に迫ります。『小右記』に晴明の名が所見されるようになるのは、かなり高齢になってからのことで、一般に流布している超人的な様子とは真逆です。晴明は陰陽寮の官人として、日時勘申・解除・返閇・五龍祭・御占・星占などに奉仕しています。同時に新しい追儺や泰山府君祭も始め、ついには「晴明一家」とまで呼ばれるようになります。本講座では、晴明伝説が作られる前の実態を読んで行きます。同時に晴明が所属していた陰陽寮や占術、ライバル賀茂氏についてなど晴明に拘わることも視野に入れたいと考えています。
 講座は、解釈に必要な内容をまず講義形式で行い、本文は受講生の方々による発表(希望者のみ)、ついで質疑という形で進めていきます。和製漢文は、基本を知り、読み慣れると中国漢文より平易です。また文字や言葉(歴史用語)からその時代のエッセンスに触れ、臨場感を味わっていただきたいと思います。まずは「慣れ」です。平安時代や『小右記』に関心があり、漢文に触れてみようという気持ちのある方なら、どなたでも参加できます。大学生から後期高齢者まで幅広い層の方々が参加されています。
 晴明に関する『小右記』本文は、当方で準備します。漢和辞典・古語辞典・歴史事典・「大日本史料」などがあると便利です。



◆講座スケジュール
月1回 水曜日 10:30〜12:00

第1回 4月14日(水)
内容:講義「安倍晴明の実像」
『小右記』永観2年(985)7月27日条(師貞親王〔花山天皇〕立太子の日時勘申)から始めます。

第2回 6月9日(水)
内容:承前

第3回 7月14日(水)
内容:承前

第4回 8月11日(水)
内容:承前

第5回 9月8日(水)
内容:承前

<<前ページへ戻る このページのトップへ△